企業情報 | COMPANYTOPメッセージ

豊田バンモップスのモノづくりを
あらゆる産業に広げ、そして世界へ。

豊田バンモップスは、1975年に豊田工機株式会社(現:JTEKT)とL.M.Van Moppes&Sons LTD.(現:サンゴバン)との合弁会社として創立されました。それから40年以上の長きに渡り、多くのお客様のご支援によって、当社はダイヤモンド・CBN工具製品の開発・製造を続けてまいりました。

現在では、主力製品であるビトリファイドCBNホイールをはじめ、各種ホイール、ロータリドレッサ、周辺工具など超高精度・超高能率・超精密を実現することで、国内だけではなく世界のモノづくりを支えていると自負しています。

また、ホイール(砥石)は、自動車や航空機、そしてモーターまで、ありとあらゆる製品の研削工程で使われており、その市場規模は右肩上がりで拡大を続けています。

2001年のアメリカを皮切りに、ポーランド、中国、インドで砥石の再生事業を開始。2012年には、初の海外拠点であるToyoda Van Moppes Vietnam Co.,Ltdを設立しました。
これからも、過去の成果に甘んじることなく、新たな挑戦や価値の創造に努めて参ります。

みなさまの変わらぬご支援を、よろしくお願い申し上げます。

取締役社長 新井 東

pagetop