会社変革

1974年12月  豊田工機株式会社(現ジェイテクト)とL.M.Van Moppes &
  SonsLtd.(現サンゴバン)の間で合弁会社設立契約締結
1975年 4月  豊田バンモップス株式会社創立
 犬山工場にて操業開始
1976年  ロータリドレッサを販売開始
1977年  本社工場を岡崎市に新築
 多結晶焼結体ダイヤモンド応用の耐摩耗製品を
  業界に先駆けて販売開始
1978年  ダイヤモンド・CBNホイールの販売開始
1979年  東京出張所を開設
1980年  大阪出張所を開設
 合弁先株主がオランダ Unicorn Industries Japan BV 社になる。
 カム研削用CBNホイール(レジンボンド)を販売開始
1981年  初めて製品の輸出を行う。
 犬山工場を本社工場に集結し、一貫生産体制の確立
1982年  本社工場を増築
1983年  多結晶焼結体工具専用工具研削盤DPCG-Ⅱ 形、
  面取り装置CHMF‐I 形を販売開始
1984年  レジンホイール アルティールを販売開始
 超精密ダイヤモンドバイトを販売開始
1985年  メタルホイール ウルトラメイトを販売開始
 合弁先株主がオランダ Foseco Minsep International BV 社
  になる。
1987年  ビトリファイドCBNホイール VAシリーズを販売開始
1988年  第二工場を新築
 カム研削用、クランクピン研削用ビトリファイド
  CBNホイールを欧米に輸出開始
1990年  NC工具研削盤GLPC-1形を販売開始
1991年  ビトリファイドCBNホイール VBAシリーズを販売開始
1992年  広島出張所を開設
1993年  合弁先株主がUnicorn Abrasives Ltd. になる。
1994年  工具研削盤 DPCG-4形を販売開始
 福岡出張所を開設
1995年  レジンホイール アルティール Ⅱ を販売開始
1996年  超高速(160m/s)仕様のビトリファイドCBNホイールを
  販売開始
 ビトリファイドCBNホイールに関してISO9001の認証取得
1997年  合弁先株主がフランス Saint - Gobain グループになる。
1998年  ロータリドレッサDDタイプを販売開始
1999年  ハイブリッドホイール ビトジンを販売開始
2000年  第二工場の第一期増築
 超高速(200m/s)仕様のビトリファイドCBNホイールを
  販売開始
 ビトリファイドCBNホイール VXシリーズを販売開始
 浜松出張所を開設
2001年  本社工場 ISO14001の認証取得
 アメリカにてUniversal Superabrasives Inc.(現サンゴバン)と
  ビトリファイドCBNホイールの再生を開始
2003年  イギリスにてVan Moppes-IDP Ltd.(現サンゴバン)と
  ビトリファイドCBNホイールの再生を開始
2004年  カスタマーセンターを新築
 ビトリファイドCBNホイール VMシリーズを販売開始
2007年  電子半導体関連工具の取組み開始
 第二工場の第二期増築
2008年  中国にてSaint-Gobain(Shanghai)Co.,Ltd.と
  ビトリファイドCBNホイールの再生を開始
2010年  イギリスでのビトリファイドCBNホイールの再生を
  ドイツSaint-Gobain Diamantwerkzeuge Gmbh & Co.KGに移す
2011年  インドにてGrindwell-Norton Ltd.と
  ビトリファイドCBNホイールの再生を開始
2012年  無災害記録470万時間(第2種)達成
 Toyoda Van Moppes(Vietnum)Co.,Ltdをベトナム ハノイに設立
 技術棟増築
 ブラジルにてSaint-Gobain Abrasivo Ltdaと
  ビトリファイドCBNホイールの再生を開始予定
2013年  ベトナム事業拡大ロータリドレッサ製作開始(セッティング)
2014年  トヨタ自動車株式会社より品質管理優良賞受賞
2015年  創立40周年
 ブラジルにてビトリファイドCBNホイールの再生事業開始(Saint-Gobain社)
 文部科学大臣より創意工夫功労賞受賞(3名)
2016年  無災害記録700万時間(第3種)達成
 トヨタ自動車株式会社より品質管理優良賞受賞
 ベトナム事業拡大ビトリファイドCBNホイールの再生事業開始